価格の比較

キャットフードに関する保存方法

賞味期限が切れたものや、腐ったものを処分する代わりにネコにあげる人がいますが、人間が食べられないものはネコも食べられません。
悪くなった食品をあげると病気を誘発してしまいます。
これはキャットフードについても言えることで、キチンと保存されていないキャットフードをあげてしまうとネコの体調を悪くさせてしまうことがあります。

キャットフードで魚フレーク系のものならば、パックから取り出して冷凍保存することをお勧めします。
パックのままよりも、保存可能期間がのびるためです。ナチュラルフードには酸化防止剤が入っていないため、健康にいいかわりに痛みやすいのが難点ですので注意しましょう。
また、電子レンジで解凍すると風味も味も落ちてしまいます、やはり美味しいものを食べさせてあげたいので、解凍は常温で行うと良いでしょう。

ドライフード系http://www.inkstainedhands.com/wet.htmlのものは常温で保存することが可能ですが、長期間置いておくと酸化してしまい、味が落ちてしまいます。
味を保つためには真空パックがおススメです。
また、ドライフードは冷蔵保存が禁止されているものが多いです。
冷凍庫内は湿気が高いため、カビの原因になってしまうためです。
悪い食べ物はネコの体に大きな負担をかけてしまいます、体調管理をするのは人間の役目です、責任を持ってお世話をしましょう。

このページの先頭へ